『芸術家よ、そなたは祭司だ。芸術は大いなる秘教であり、そなたの精神が実を結んで偉大な作品を生みだすとき、聖なるものの光芒は、さながら聖壇の上に落ちるように、舞い落ちくる。……芸術家よ、そなたは王者だ。芸術こそはまことの王国である。……芸術家よ、そなたは魔術師だ。芸術は大いなる秘蹟であり、かつまた不死の証明である』
~第1回「薔薇十字の展覧会」(1892年)における、ジョゼフ・ペラダンのカタログ序文より~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。